【2022】ネッククーラーSlimスリムの口コミ・評判は?冷えないは本当?サンコー家電のメリットとデメリットまとめ

  • サンコーネッククーラーSlim(スリム)の口コミ・評判
    サンコーネッククーラーSlim(スリム)を使った感想
    サンコーネッククーラーSlim(スリム)の特徴と使い方

2022年の今年も、暑い夏がやってきました。

2022年も例年に増して暑くなると言われていますね。

そんな中、テレビやSNSなどでも毎年暑さ対策の新商品が発表されています。

この記事では、実際に使う上で欠かせない要素である商品の特徴を中心に新商品「サンコーネッククーラーSlim 」についてご紹介していきます。

購入を考えている方はぜひ参考に最後までご覧ください。

サンコーネッククーラーSlim(スリム)の口コミ・評判は?

実際にネッククーラーSlimを使用している人はどう感じているのでしょうか?

ネット上の口コミ・評判、感想をまとめます。

熱中症対策
名古屋ですが夏日だったので装着。いつもは頭がボーっとして汗ダラダラですが、かなりマシになった印象。熱中症対策?になるか分かりませんが良いですね。
サンコー公式オンラインショップレビューより
女性でも違和感なく
昨年プレゼントでもらって気に入って使っていたので、今年は自分で購入。デザインがスマートになったので女性でも違和感なく使えそうです。 首がけっこう細めなので動いてると少しズレちゃう時もありましたが、慣れるとあまり気にならなくなりました。
サンコー公式オンラインショップレビューより
驚いたのは静音性でした
前作のEvoも愛用してたので最新作という事で購入。 首筋を冷やして涼しくなるのという基本性能は良い意味で変わらないので割愛して… 今回一番驚いたのは静音性でした。 強で起動してもめちゃくちゃ静かで、これなら確かにほとんど周りにも聞こえず気になりません! あとはボタンの操作方法や付け心地など細かい部分が確実に向上しています。 初めての人も旧作を持ってる人にもおすすめです。
サンコー公式オンラインショップレビューより

サンコーネッククーラーSlim(スリム)の特徴

ネッククーラーSlimは首の両脇を直接冷やして体感温度を下げ、暑さを軽減する持ち運びが便利なミニクーラーです。熱中症対策にも大変効果的です。

超速2秒で涼しくなる

ネッククーラーSlimを首に着けると超速2秒で涼しさを感じられます。

首の太さによってノズルのサイズ調整が可能ですし、冷たさの強度も3段階モードで調整ができるので自分に合った使い方ができます。

専用バッテリー使用で4時間!

予備の専用バッテリーと本体に付属している専用バッテリーを合わせたら、最大4時間ケーブルレスのままお使いいただけるので通勤・通学時間を快適に過ごせます。

休日など室内では使用するにはモバイルバッテリーで長時間使え、1日中快適に過ごせますのでシーンごとに使い分けが可能です。

オプション品として落下防止用のストラップもありますので、室外、室内ともに便利に使うことができます。

価格と仕様

商品名ネッククーラーSlim(スリム)
価格6480円
カラーホワイト/ブラック
サイズ詳細最小:幅130×高さ45×奥行80(mm)
最大:幅160×高さ45×奥行160(mm)
重量本体:約140g 専用バッテリー:約80g
付属品本体、専用バッテリー、USB Type-Cケーブル、日本語説明書
首回りサイズ最小:約37cm 最大:約50cm
電源専用バッテリー(3.7V / 2000mAh / リチウムイオン)
モード強モード/弱モード/ゆらぎモード
ケーブル長全長約120cm
使用時間専用バッテリー使用時:強モード 約1時間 弱モード 約2時間
専用バッテリー充電時間約4時間(環境により変わります)
防塵防水等級IP33(少しの雨や汗であれば問題なし)
保証期間購入日より12ヶ月

同シリーズ過去商品(ネッククーラーEvo)との比較

サンコーネッククーラーは毎年改良を重ね、レベルアップしています。

ネッククーラーSlimは2022年に発売開始された最新モデルであり、ネッククーラーEvoは2021年モデルになります。

この同シリーズ2つの商品について調べてみましたので、詳しい違いをご紹介していきます。

仕様の比較

ネッククーラーSlim(2022)ネッククーラーEvo(2021)
最小寸法幅130×高さ45×奥行80(mm)幅130×高さ37×奥行110(mm)
最大寸法幅160×高さ45×奥行160(mm)幅170×高さ37×奥行180(mm)
重量本体:約140g 本体:約150g 
首回りサイズ最小約37cm 最大約50㎝最小約37cm 最大約50㎝

バッテリー時間の比較

ネッククーラーSlim(2022)ネッククーラーEvo(2021)
モード強モード・弱モード強モード・弱モード
専用バッテリー使用強:約1時間、弱:約2時間強:約1.5時間、弱:約2時間
モバイルバッテリー(別売)強:約5時間15分、弱:約10時間30分強:約10時間、弱:約12時間
※モバイルバッテリーは10,000mAh使用

商品比較のまとめ

動作音のファンの音に関しては、Slim・Evoともに若干の音はします。

どれくらいのファンの大きさかも含め、実際に使い勝手を実感したい方は、のちにサンコーの実店舗の紹介もしていますので、チェックしてみてください。

・Slimの方が体感温度が低い(Slimは体感冷却マイナス17℃、Evoはマイナス15℃)
・Slimの方がサイズがよりコンパクト
・Slimの方が掃除しやすい
・Evoの方がバッテリーの持続時間が長い(Slimの方がより高性能になっているため)
・Evoの方がファンの音が若干静か
・Evoの方が本体価格が安い(4980円)

ネッククーラーSlim(2022)まとめ

ここまで新商品「サンコーネッククーラーSlim 」の特徴と同シリーズ過去商品「ネッククーラーEvo」との比較についてまとめて紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

スポーツ観戦や野外ライブ、散歩やガーデニングなどの様々なシーンでの熱中症対策や暑さ対策にも大変効果的なネッククーラーSlim!!

ネッククーラーをこれから初めて購入しようと考えている方や、他のネッククーラーも試してみたいと考えている方はぜひネッククーラーSlimをご検討ください。

サンコーネッククーラーSlim は実店舗やサンコー公式サイトの他にAmazonや楽天などの通販サイトでも購入することができます。

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

\ すぐに使える1,000円分ポイントがもらえる /

サンコー直営レアモノショップ

秋葉原総本店

〒101-0021
東京都千代田区外神田3-14-8 新末広ビルB
[営業時間] 月~木 日・祝:AM11:00 – PM7:00 / 金・土:AM11:00 – PM8:00
[休業日] 年中無休(※年末年始は除く)
[交通アクセス] JR秋葉原駅より徒歩5分、地下鉄 末広町駅より3分

2号店

〒101-0021
東京都千代田区外神田4-6-3前里ビル1F
[営業時間] 木・日・祝:AM11:00 – PM7:00 / 金・土:AM11:00 – PM8:00
[休業日] 火・水曜日
[交通アクセス] JR秋葉原駅より徒歩8分、地下鉄 末広町駅より2分